広島サンプラザ

広島サンプラザは、広島県広島市に1985年9月に開館した施設です。雇用促進事業団が設置した勤労者福祉施設の一つだったのですが、2003年度に広島市に105万円で譲渡され、広島県と広島市が出資する財団法人広島勤労者職業福祉センターが管理・運営を行っていました。2011年4月1日に財団法人広島文化財団・財団法人広島市ひと・まちネットワークと合併統合され、新たに設立された財団法人広島市未来都市創造財団の1施設となりました。

施設

全体は施設本体とサブホール(付属体育館)から成り、施設本体は更にホール棟と宿泊・宴会室棟に分かれています。施設のすぐ隣にはやはり財団法人広島勤労者職業福祉センターが広島市から受託という形で管理・運営している西部埋立第五公園と同公園の地下駐車場があります。施設本体のうち、ホール棟はアリーナ形式となっており、スポーツ関連催事を中心にコンサートなどにも利用されています。一例として広島市の成人祭(成人式)は毎年ここで行われています。また、1996年のひろしま国体では体操競技が行われました。2014年からはNBL・広島ドラゴンフライズのホームアリーナとしても利用されています。一方、宿泊・宴会室棟は全54室の客室他、各種会議・研修・宴会・カルチャークラブなどに利用可能な大小9つの洋室と2つの和室、そして婚礼向けの施設を備えています。なお、宿泊の予約は宿泊日の半年前にあたる月の1日から受け付けられ、施設の公式サイト上では直近の4ヶ月の空室状況が確認できるようになっています。但し、現在のところ施設の公式サイトからのネット宿泊予約は出来ないのですが、外部の宿泊予約サイトを通じての宿泊予約が可能となっています。2010年10月から2011年1月まで、老朽化に伴う改修工事が行われました。

施設構成

ホール棟(広島サンプラザホール)

  • 長方形アリーナ形式ホール・・・固定席:3040席、可動席:3000席、車椅子対応:12席

宿泊・宴会室棟

  • 客室・・・全54室(和室タイプ:10室、洋室タイプ44室)ブロードバンド未対応。
  • 宴会場・・・全7室(和室タイプ:2室、洋室タイプ:9室、うち2室は合併使用可)
  • レストラン「クレセント」
  • ラウンジ
  • ロビー「太陽の広場」・・・パイプオルガン有り。婚礼用途。

サブホール

  • 付属体育館

アクセス

  • JR三陽本線新井口駅、広島電鉄宮島線商工センター口駅から徒歩5分。
  • アルパークバスセンターから徒歩3分。
  • サンプラザ前バス停から徒歩1分。
  • サン用自動車道五日市インターチェンジから車で10分。

広島ドラゴンフライズ

広島ドラゴンフライズは、広島県を本拠地としてナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)に参加する男子プロバスケットボールクラブチームです。創設は2013年で、2014-15シーズンからNBLに参加します。中国・四国地方では初のNBL参加チームです。チーム名の「ドラゴンフライ」は、トンボという意味です。廿日市市の厳島(安芸の宮島)に生息する絶滅危惧種「ミヤジマトンボ」に由来しています。バスケットボールをプレーする様をトンボの生態と重ね合わせ、またトンボは前のみに進む不退転の様が戦国時代に「勝ち虫」と呼ばれて縁起物とされていたことから、この名前が付けられました。チームカラーはメインが「朱色」、サブが「青色」です。朱色は宮島にある厳島神社の鳥居から、青は瀬戸内海から取りました。チームロゴは、ミヤジマトンボと“剣”を中央に、バックは朱色と青色をベースとした“楯”がデザインされ、バスケの攻守が表現されています。ホームアリーナは広島サンプラザホールをメインに、県内各地と隣県の山口県でもホームゲームを開催します。

歴史

広島のバスケットボール界隈において、小中学校年代では全国レベルのチームは存在するものの、高校以上になると優秀な選手の受け入れ先がないため、才能ある人物が他県に流出してしまっていました。また、トップカテゴリ(社会人・実業団)チームに関しては、プロスポーツの野球やサッカーのチームあるいは全国的なリーグで活躍するバレーボールやハンドボールのチームはあったものの、バスケットボールに関してはプロチームどころか2003年W1リーグに参加していた広島銀行ブルーフレイムズが廃部して以降、全国的なリーグに参加するチーム自体存在していませんでした。中国地方で見てもプロバスケチームは2012年現在で島根スサノオマジックのみでした。2005年にはbjリーグが開幕し、2007年には日本リーグはJBLに再編します。この中で、県バスケットボール協会では地方開催した2006年バスケットボール世界選手権以降のバスケ熱を活かそうと模索していました。JBLが再編されNBL発足が決定すると、2013年4月2日、廿日市市でスポーツ用品通信販売会社を経営する清水敬司が中心となって「バスケットボールトップリーグ“NBL”に所属するプロチームを広島に立ち上げる会」が発足しました。同年5月には県バスケ協会に了承され、サポートを受けることが決定し、同年7月にNBL理事会に参入を届け出て、翌8月に認可を受け正式参加が決定しました。2013年8月、チーム名を「広島ドラゴンフライズ」に決定、同年10月に運営会社を設立しました。初代ヘッドコーチには、元日本代表で前日本バスケットボール協会理事を務めていた佐古賢一が就任しています。

スタッフ

  • ヘッドコーチ・・・佐古賢一
  • アシスタントコーチ・・・大野篤史

選手

  • SG・・・田中成也
  • G/F・・・柳川龍之介
  • F・・・坂田央
  • G・・・北川弘
  • G/F・・・岡崎修司

オススメポイント

広島の中心地からは少し離れますが、中々いい場所にあるホテルです。ホールやら体育館やら会議場やらと同じ建物の中にあるので本当に泊まれるのかしら・・・と少し不安になりますが、全く問題ありません。駐車場も広いので車で行ってもいいですし、電車やバスでのアクセスもよく、大変便利です。こちらも公共の宿なので、リーズナブルに宿泊できるのが嬉しいところ。多少古さはありますが、お部屋は十分な広さがあり、清潔感もあるのでとても快適です。和室タイプの客室があるので、ご家族での利用にもいいですね。また、バリアフリータイプのお部屋もあり、お年寄りと一緒でも安心です。公共の宿というと食事があまりよくない印象を持ちますが、こちらのホテルは夕食も朝食も美味しいです。また、ホテルの近くには「アルパーク」という大型ショッピングモールがあり、お買い物やお食事、映画も楽しめます。市街地からは離れている分、静かにすごせますし、繁忙期でも比較的予約を取りやすいのもメリットですね。広島が誇る世界遺産、厳島神社にも近いので、観光にはとっても便利です。