ゴールドマン・サックス

オリエンタルホテル広島を経営するゴールドマン・サックス(The Goldman Sachs Group)は、アメリカの金融グループであり、世界最大級の投資銀行でもあります。その歴史は古く、ドイツ出身のユダヤ系のマーカス・ゴールドマンによって1869年に設立されました。モルガン・スタンレーやJPモルガン、メリルリンチ等とともに、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われています。

ゴールドマン・サックスについて

取引業務(株式、債券、通貨などの金融資産や不動産の売買、資金の貸付)、投資銀行業務、富裕層へのプライベート・バンキング、保険業務を主とした金融グループです。ニューヨーク(ウォール街)、シカゴ、フランクフルト、ロンドン、東京(六本木)、香港、サンパウロといった主要な金融都市に拠点を置いています。現在のCEOをロイド・C・ブランクファイン、前CEOは第74代米国財務長官のヘンリー・ポールソンでした。ちなみに在日法人の代表取締役社長は持田昌典です。2008年に大きな問題となったサブプライムローン問題においては、他の金融機関と比較して相対的に、被害を受けていない金融機関の一つと言えます。但し、財務内容は急速に悪化する情勢を否定できず、金融危機対策として連邦準備制度理事会の支援と管理が受けやすい銀行持ち株会社に急遽移行することが決まっています。

風土・報酬水準

ゴールドマン・サックスは社員の平均ボーナスが6500万円を超えるという報道でも有名な会社です。ただし2008年度のボーナスはサブプライムローンの影響を受けて大幅に減少するなど、年によるばらつきが極めて大きくなっています。テナント経営をしたり、レストランを開いたりと、副業をする社員が多い事でも知られています。実際に社長の持田昌典も、レストランを所有しています。採用に関しては、新卒採用もありますが、日本の場合は基本的に外資系金融機関は中途採用が主流で、MBA(経営学修士)採用を除くと、大手邦銀・大手証券、もしくは他の外資系金融機関等で秀でた業績を有したもののみを取るという中途採用がメインストリームとなっています。フロント部門(バック・ミドルオフィスを除く)の報酬水準は、年による変動があるものの、他の外資系金融機関と同様基本的に米国水準または世界水準となっています。一般にアナリスト(新卒~3年目)で1500~2000万前半、アソシエイト(4年~7、8年目)で1000万台後半~4000万、VP(8年目以降~)で3000万~1億円程度、MD(幹部職)で5600万~10数億円程度とされています。2004年度には、生え抜きの30代の日本人社員が、所得税額3億6763万円・推定所得10億円以上で高額納税者番付全国74位に入りました。通常、職位があがるにつれ高度な対陣折衝能力(大手企業社長や取締役への助言業務)が要求される投資銀行サイドでは、海外名門大学でのMBA取得者や弁護士・会計士資格取得後数年間の実務経験を積んでからアソシエイトになるバンカーが多いため、マーケットサイドのバンカーよりは平均年齢は数年高いことになります。逆に、短期売買が主体で瞬時の的確な判断能力が要求されるトレーダー・ディーラーなどマーケットサイドでは若くしてVP・MDクラスになるバンカーがいる一方、30歳前半でリタイアするバンカーも多く、退職年齢も早くなる傾向があります。また、ゴールドマン・サックスの社員が転職先として好む、大手外資系PEファンドの給与水準はこの水準に成功報酬を加えた金額となります。一般に投資ファンドは弁護士事務所と同じく投資銀行ほど職位が細かく分かれていないケースが多く、アソシエイト(投資銀行のVP層~)とディレクター(10数年目以降~)、パートナー(シニア層)で構成されるところが多いようです。アソシエイトとパートナーのみのファンドもあります。

日本でのゴールドマン・サックスの活動

日本ではゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス有限会社(GSJH)の金融特殊会社のもとに置かれているゴールドマン・サックス証券株式会社(GSJCL)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社(GASMC)、ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社(GSRJL)の三つの会社から構成されています。2003年に、ダイエーから新浦安オリエンタルホテル、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、なんばオリエンタルホテル、ホテルセントラーザ博多の4つのホテルを買収しました。また、三井住友フィナンシャルグループの優先株を保有しています。カバードワラント(オプション取引の事)として、eワラントを販売し、株のワラントのみならず、為替や金、原油先物のワラントも開発しました。また、NTTドコモの海外におけるIPOをサポートしています。通信関連では、イー・アクセスやイー・モバイルにも出資し、現イー・モバイル社長としてエリック・ガンを派遣しています。他にも、経営不振のゴルフ場を次々に買収し、アコーディア・ゴルフとして再編。日本最大級のゴルフ場運営業者となっています。また、大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの運営会社であるユー・エス・ジェイに投資しています。これについては、米国本社100出資の有限会社クレインホールディングスを通して出資しています。

ゴールドマン・サックスの出身者

アメリカ

  • ヘンリー・H・ファウラー・・・元アメリカ合衆国財務長官
  • ロバート・ゼーリック・・・元アメリカ合衆国国務次官
  • ヘンリー・ポールソン・・・前アメリカ合衆国財務長官
  • ロバート・ルービン・・・元アメリカ合衆国財務長官
  • ジョン・コーザイン・・・アメリカ合衆国ニュージャージー州知事
  • ジム・クレイマー・・・CNBCのパーソナリティで投資家

日本

  • 松本大・・・元社長。マネックスグループ代表取締役社長CEO。主にディバティブを担当。
  • 江原伸好・・・米国本社日本人初のゼネラルパートナー。ユニゾンキャピタル代表取締役パートナー。
  • 木曽健一・・・元ユニゾンキャピタルパートナー。2009年10月27日自殺。
  • 鈴木晃・・・味の素創業者・鈴木三郎助の玄孫で元日本テレビアナウンサー米森麻美の夫。父は当時GSJCL名誉会長。
  • 山崎養世・・・元ゴールドマン・サックス投信社長
  • 森生明・・・西村あさひ法律事務所経営顧問
  • 横手真一・・・福田康夫の甥でフリーアナウンサー千野志麻の夫。
  • 田原邦男・・・現在は馬主。
  • 木村正明・・・元ゴールドマン・サックス証券執行役員。ファジアーノ岡山スポーツクラブ代表取締役。
  • 中村清高・・・元ゴールドマン・サックス東京におけるECMのヘッド。現在は株式会社いい生活代表取締役社長。
  • 小澤ふみ子・・・2004年に日本で生まれ育った女性としては初めてのパートナーに就任した。当時、日本支店では最年少の29歳。
  • 中西武志・・・カーボンフリーコンサルティング代表取締役CEO。

持田昌典(もちだまさのり)

現在ゴールドマン・サックス日本法人の代表取締役社長を務める持田昌典は、千代田区神田和泉町で羊毛卸業の「メリノ」を経営する父・武男、母・清子の長男として生まれました。西麻布の若葉会幼稚園から慶應義塾幼稚舎へ移り、中学へ上がるころには、メリノは子供用ニットメーカーとして業界トップの大企業になり、松涛に6階建ての豪邸、運転手付きの外車、軽井沢に別荘といった裕福な家庭で育ちました。しかし慶應義塾高等学校の一年生のときに母親が急死。会社は母親が取り仕切っていたため、経営が傾き始め、メインバンクの第一勧業銀行が建て直しに入りました。父親は銀座のクラブ「ラ・モール」の名物マダム、花田美奈子と再婚し、家を出ました。1977年慶應義塾大学経済学部に進み、大学時代はラグビー部で副将を務め、3年時にはラグビー学生日本代表を経験しました。大学卒業後は第一勧銀に入行し、西新宿支店から日比谷支店に移ったころ、メリノが倒産し、松涛の自宅を売却。社内ではラグビー部強化に尽力し、社費留学試験にも合格して、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールに留学しました。MBA課程を修了しましたが、第一勧銀には戻らず、1985年、ゴールドマン・サックスに入社しました。2001年には投資銀行部門からゴールドマン・サックス日本法人の社長に就任しました。アジア人の中で唯一、本社経営委員会のメンバーに名を連ねている人物です。