広島平和記念公園とは

広島平和記念公園は、広島市中区中島町にある市民公園です。1945年8月6日、アメリカ軍が投下した原子爆弾は、広島市を一瞬にして壊滅させました。1946年11月1日に中島町内10.72haが「中島公園」として、都市計画公園に指定されました。第二次世界大戦後の1949年同日、「広島平和記念都市建設法」が制定されました。世界に向けて人類の平和を願い訴える目的と、過去の過ちを繰り返さないために、爆心地に近いことから現在の公園の目的に変更し、設計はコンペにより選ばれた丹下健三が担当しました。丹下の計画案の中には、現在の広島市中央公園や基町中層アパート群・市営基町高層アパートのあたりも、平和公園として構想され、基町のアパートがある周辺も当初は公園予定地とされていました。また、平和大通りについても構想に含まれていました。1951年8月6日に、現在の区域を平和記念施設とすることを決定し、1954年4月1日に完成しました。毎年8月6日には平和記念式典が開催され、原爆が投下された午前8時15分には黙祷が捧げられます。式典では、市内中学校、高校の吹奏楽部による「ひろしま平和の歌」の伴奏、広島市の合唱団などによる合唱が行われます。平和記念公園は被爆前も公園だったという誤った認識がなされることがありますが、被爆前は中島地区と呼ばれ、幕末から明治・大正にかけて市内有数の繁華街として栄えた歴史のある街でした。

公園内施設

南側に広島平和記念資料館・広島国際会議場、北東に原爆ドームがあります。そのほかに、原爆死没者慰霊碑・原爆供養塔・平和の鐘・原爆の子の像・国立広島原爆死没者追悼平和祈念館・レストハウスなどがあります。原爆ドーム・慰霊碑・資料館を結ぶ南北軸と、資料館を中心とする3棟の建物による東西軸からなる公園の計画は、当時の若手建築家・丹下健三が設計しました。資料館と慰霊碑も丹下の設計です。また、公園南側の平和大橋・西平和大橋はアメリカ人彫刻家のイサム・ノグチの設計です(慰霊碑の設計も行いましたが却下されました)。建築に当たっては、敷地内に住んでいた住民らによる多くのバラックを撤去することとなりました。また、指揮内を走っていた古くからの繁華街の道は残されることになりました。公園の北側の原爆ドームがあるあたりは、相生通りを挟んで、広島市中央公園(旧広島市民球場跡地)と隣接いています。

公園内・周辺の慰霊碑

平和記念資料館の公式サイトによれば、平和公園及びその周辺の緑地帯には、50を越える原爆関係の記念碑・記念建造物が林立しています。その多くは原爆犠牲者の慰霊碑であり、この地区の住民、建物疎開に動員されていた学校・義勇隊、この付近に所在していた会社・団体・公共機関によるものが多く含まれています。

地区住民関係の慰霊碑

被爆まで現在の公園地域内に居住していたため多くの犠牲を出した各町の住民により建立されたものです。

  • 平和乃観音像・・・中島本町町民慰霊碑
  • 旧天神町北組慰霊碑
  • 材木町跡碑
  • 旧天神町南組慰霊碑・・・公園外の緑地帯に設置。

学校・義勇隊関係の慰霊碑

被爆当日、現在の公園地区及びその近辺では、市内の中等学校の生徒や近隣町村の「義勇隊」が動員されて建物疎開作業を行っていたため、多大な犠牲を出しました。

  • 広島二中原爆慰霊碑
  • 広島市商・造船工業学校慰霊碑
  • 広島市立高女原爆慰霊碑・・・公園外の旧校地内に設置。
  • 義勇隊の碑・・・安佐郡川内村温井地区から動員された義勇隊員の慰霊碑。

会社・団体・公共機関関係の慰霊碑

  • 友愛碑・・・日本損害保険協会加盟会社の慰霊碑。
  • 全損保の碑・・・全日本損害保険労働組合による保険会社社員の慰霊碑。
  • 中国・四国土木出張職員殉職碑・・・内務省職員殉職碑。被爆当時、広島産業奨励館内に事務所が置かれていた。
  • 広島県地方木材統制株式会社慰霊碑・・・被爆当時、広島産業奨励館内に事務所が置かれていた。
  • 広島郵便局職員殉職碑・・・公園外の旧跡地に設置。
  • 原爆犠牲建設労働者・職人之碑
  • 広島瓦斯株式会社原爆犠牲者追憶之碑・・・公園外の旧本社跡地に設置。
  • 石炭関係原爆殉難者慰霊碑・・・石炭統制関係会社職員の慰霊碑。公園外の会社跡地に設置。
  • 広島県農業会原爆物故者慰霊碑・・・公園外の旧広島支所跡地に設置。

遍歴

  • 1946年11月1日・・・「中島公園」として、原爆ドームを除く地域が都市公園計画に指定。戦告237号。
  • 1949年8月6日・・・「平和記念都市建設法」が制定される。
  • 1951年8月6日・・・現在の区域を公園とすることが決定。
  • 1954年4月1日・・・広島平和記念公園完成。
  • 1996年12月5日・・・原爆ドームが世界遺産に登録。これにともない、平和公園はバッファーゾーン(緩衝地域)に指定される。
  • 1999年・・・広島平和記念資料館と合せて、日本の近代建築20選に選定される。
  • 2002年8月1日・・・新たに国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が建設される。
  • 2007年2月6日・・・平和公園の中央部分が国の名勝に指定される。戦後完成した公園・庭園としては初めての例。
  • 2008年3月28日・・・名勝の指定部分が公園全体に拡大される。

平和記念公園で起こった事件

  • 1989年7月・・・公園内にある「全損保労働組合被爆20周年記念碑」が台座から持ち去られ、広島刑務所脇に放置された。碑文の「なぜ あの日はあった なぜ いまもつづく」を天皇制と資本主義に対する批判であるとして大日本愛国党広島支部長が小型トラックに積み込み動かしたもの。
  • 2001年12月・・・原爆死没者慰霊碑に落書き、さらに赤ペンキがかけられる。
  • 2002年3月・・・原爆慰霊碑に再びペンキがかえられる。
  • 2003年8月・・・関西学院大学4年の男が公園内の折り鶴に放火。飾られていたうちの14万羽が焼失。
  • 2003年10月・・・原爆慰霊碑の表面に、油のようなもので手形が入れられているのが見つかる。
  • 2005年7月・・・原爆慰霊碑破損事件。原爆死没者慰霊碑に刻まれた碑文「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」の「過ち」の部分を、右翼の男が削ろうとして傷つけた。「過ち」に、原爆を投下した当のアメリカへの抗議と批判が込められていないと解釈した男がそれに反発する意味で行ったと主張。同年10月に懲役2年8ヶ月の実刑判決が下った。
  • 2006年1月11日・・・午前7時50分ごろ、平和の灯と平和記念像の台座、トイレに落書きされているのが見つかる。トイレの壁にはさらに、昭和天皇の田植えを撮った写真が貼られていた。
  • 2007年9月24日・・・午後11頃、平和記念公園内で路上生活をしていた男性(56)が同じく路上生活者の男性(63)から果物ナイフで刺殺される。
  • 2010年3月11日・・・平和記念公園の被爆桜が、数本引き抜かれているのが発見される。
  • 2012年1月4日・・・原爆慰霊碑に金色のペンキのようなものが掛かけられているのが見つかる。