オリエンタルホテル広島

広島に泊まりたい!厳島神社に行って、お好み焼きを食べて、Zoom-Zoomスタジアムで広島カープを応援して、原爆ドームにも行かなければ。不動院にも行ってみたいし、広島城も観ておきたい。広島は日帰りでは楽しみ切れない街なのです!私は観光は一か所ずつじっくりと周りたいタイプなので、旅行の時にはたっぷり時間をとったプランを考えるようにしています。1日中歩き回るので、夜にはもうヘトヘトです。1日の疲れを癒し、次の日も沢山歩くためのパワーをチャージするには、やはり宿泊するホテルが重要になってくると思います。よく聞くのが「眠れればいいや」という言葉ですが、私はこれには賛成しかねます。眠るのにも体力がいるのです。ここでケチって寝心地の悪いカプセルホテルなんかで妥協してしまうと、その後の観光を思いっきり楽しめなくなってしまいます。ですから、上質で快適な睡眠をとれるおすすめのホテルをご紹介したいと思います。私の独断と偏見によるものですが、広島のホテル探しの参考にしていただけたらと思います。

オリエンタルホテル広島

オリエンタルホテル広島は、広島県広島市中区田中町の平和大通り、流川沿いにあるホテルです。開業は1993年の10月で、開業から2006年9月まではワシントンホテル所有による「広島ワシントンホテル」として営業していました。当初は、ワシントンホテルのフラッグシップとして「広島ロイヤルワシントンホテル」として開業、1997年2月にワシントンホテルチェーンの分裂に伴い「広島ワシントンホテルプラザ」に名称変更しました。2005年にワシントンホテルの意向により、ゴールドマン・サックスの完全子会社で特定目的会社の「有限会社鳥井坂開発」へ2006年4月1日付けで売却されました。契約により、同年9月末日まで運営委託の形態でワシントンホテルとしての運営が継続されました。同年10月より、ゴールドマンが買収したホテルの運営を担うホテルマネージメントジャパンが設立した有限会社広島ホテルマネジメントによる経営で「オリエンタルホテル広島」としてリブランドオープンし、アビリタス ホスピタリティが運営支援を行っています。オリエンタルホテルへの改称は、ゴールドマンが既に不動産と経営権を取得していたダイエーグループによる「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」「新浦安オリエンタルホテル」「なんばオリエンタルホテル」と合せる為だったとされています。なお、ゴールドマンが買収しアビリタス ホスピタリティが運営支援にあたる日本のホテルについては、2007年に不動産投資信託ファンドのジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人が一括で買収しました。施設はゴールドマンへ賃借させ、運営についてもホテルマネージメントに対する委託契約により、経営が維持されています。

外観

当ホテルは佐藤工業による設計で建てられました。建物本体の上に、毛利元就の三本の矢をモチーフにした塔が突き出すゴシック調の外観となっています。広島県においては2番目の地上高を誇る高層ホテル(1位はリーガロイヤルホテル広島、3位はグランドプリンスホテル広島)となっています。オリエンタルホテル広島へリブランドの際には、日本を代表するインテリアデザイナーの内田繁を起用しており、玄関やロビーなどアーバンスタイリッシュなホテルに仕上がっています。

建築概要

  • 敷地面積・・・1,798㎡
  • 建築面積・・・1,306㎡
  • 延床面積・・・13,899㎡
  • 規模・・・地下2階、地上23階
  • 構造・・・鉄筋鉄骨コンクリート造

主な施設

  • 結婚式場
  • バンケットホール
  • MOON GLOW
  • 客室
  • デザインギャラリー

トータルビューティーフロア

  • ルボア・・・トリートメントサロン
  • W・・・美容室
  • SHALM・・・衣裳室
  • ALULE・・・フォトサロン

レストラン各種

  • OZAWA・・・フレンチ
  • NewYorkCafe・・・ランチブッフェ、カフェ&バー、シガーバー
  • みつき・・・日本料理

内田繁(うちだしげる)

内田繁は神奈川県横浜市出身のインテリアデザイナーです。1943年2月27日生まれ。学校法人桑沢学園専門学校桑沢デザイン研究所卒業。現在は母校・桑沢デザイン研究所の所長を務めています。紫綬褒章や芸術選奨を始めとする様々な賞を受賞している人物で、世界中の美術館に彼の作品が永久コレクションされています。代表作には山本耀司のブティックや茶室「受庵・想庵・行庵」、門司港ホテル、玉峰館などがあります。

略歴

  • 1966年・・・桑沢デザイン研究所卒業。
  • 1970年・・・内田デザイン事務所設立。
  • 1973年・・・桑沢デザイン研究所講師に就任。
  • 1974年・・・東京造形大学講師に就任。
  • 1986年・・・ワシントン州立大学にて一般公開講演、コロンビア大学、パーソンズスクール オブ デザインにて講演を行う。
  • 1987年・・・毎日デザイン賞受賞。
  • 1988年・・・「September」がメトロポリタン美術館の永久コレクションとなる。
  • 1989年・・・シンポジウム「WESTWEEK'89」にて講演を行う。
  • 1990年・・・BEST STORE OF THE YEAR 特別賞受賞。商環境デザイン賞'90大賞受賞。
  • 1992年・・・ドムス・アカデミーにて特別講演。「NY Chair Ⅱ」・「Tenderly」がサンフランシスコ近代美術館に、「Tenderly」がモントリオール装飾美術館に、「Nirvana」・「Dear Morris」・「Dear Vera」がモントリオール装飾美術館に永久コレクションされる。国際デザイン学生会議「IDEAS'93」にて特別講演。第一回桑沢賞受賞。
  • 1995年・・・ミラノ高価大学にて特別講演。茶室「受庵」「想庵」「行庵」がミラノ、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、オーストラリアを巡回。「行庵」がコンラン財団に永久コレクションされる。
  • 1996年・・・「Dear Vera」が国立科学技術博物館に、「Tenderly」がフィラデルフィア美術館に永久コレクションされる。
  • 1998年・・・日本文化デザイン会議会員賞受賞。「籐の椅子」「岡崎の椅子」「September」「Dear Morris」がデンバー美術館に永久コレクションされる。
  • 1999年・・・札幌大学客員教授に就任。
  • 2000年・・・平成11年度芸術選奨文部大臣賞受賞。
  • 2001年・・・東京造形大学客員教授に就任。
  • 2002年・・・イタリア、ミラノにて「変化 微細 いま」展開催。
  • 2003年・・・桑沢デザイン研究所客員教授に就任。岐阜県クラフトミュージアム監修。
  • 2004年・・・イタリア、ミラノにて「HANA」展開催。DBEW建築デザインコンペ審査員に就任。
  • 2007年・・・イタリア、ミラノにて「弱さのデザイン」展開催。平成19年度春「紫綬褒章」受賞。
  • 2008年・・・専門学校桑沢デザイン研究所所長に就任。

オススメポイント

オリエンタルホテル広島は、広島の繁華街・流川沿いにあります。電車で行く場合は少し歩きますが、広島の街並みを眺めながら歩けばあっという間についてしまいます。原爆ドームや平和記念公園など、主要な観光スポットが徒歩圏内にあるためじっくり沢山のスポットを巡りたいと言う方にはピッタリの立地です。また、外観・内装共にラグジュアリーな雰囲気漂う高級ホテルなのですが、お値段は意外とリーズナブル。観光客には嬉しい素泊りプランもあるので、夜は流川で広島の食を堪能することが出来ます。そしてこちらのオススメはなんといっても朝食です!素泊りプランでも追加料金を払えば朝食をつけることが出来ます。こちらの朝食は、「一日の計は朝食にあり」をコンセプトにしたもので、和洋食のブッフェスタイルとなっています。種類が豊富で選ぶのがとても楽しい朝ごはんです。早起きが苦手で普段は朝ごはんを食べない私も、こちらに泊まった際には誰よりも早く起きて朝食をモリモリ食べます。特にオススメなのがシェフが目の前で作ってくれるフレンチトーストです。これを食べると疲れた体には甘い物が必要なんだなと思わされます。ふわっふわで最高です。もう一つのオススメポイントはこだわりのアメニティです。ビジネスホテルのシャンプーやリンスって髪の毛がゴワゴワになりますよね。オリエンタルホテルのシャンプーは、このホテルの為だけに調合されたオリジナルの物なのだそうです。私は肌が弱いのですが、このシャンプーはとても肌に優しく、さらに排水になっても地球に優しい素材で出来ているのだとか。香りもよく、自分の髪から香るいい匂いでぐっすり眠れること間違いなしです。その他にもとっても着心地のいいパジャマやバスローブ、肌触りのいい竹タオルも用意されていて、至れり尽くせりです。お部屋は格別広いという訳ではないですが、シンプルな作りで清潔感もあり居心地のいい空間となっています。スタッフの皆さんもいつも丁寧で愛想が良く、とても親切にしてくれるので気持ちよく滞在できます。観光と宿泊がセットになったプランもあるので、大変お勧めです。